フォルクスワーゲンの象徴的なビートルデザインの永続的な遺産

フォルクスワーゲンの象徴的なビートルデザインの永続的な遺産

Enduring Legacy Volkswagen S Iconic Beetle Design

最高のプリライトLEDクリスマスツリー

フォルクスワーゲンビートルは単なる車ではなく、車輪のアイコンです。長年の生産期間中に世界中で2,100万台以上を販売し、単一のプラットフォーム上のあらゆる車両の記録を達成しました。そして、その柔らかく丸みを帯びた形と嘆願するような目は、車を気にしない人々によってさえ、ほぼ普遍的に認識されています。しかし今、輝かしい65年の世界的な実行の後、VWビートルは7月末までに生産を停止するように設定されています。

この車の人気は、20世紀後半の道路でのユビキタス性だけでなく、大衆文化における無数の外観にも貢献しています。カウンターカルチャーの普遍的なシンボルになることに加えて、ビートルは以下を含む映画に出演しました ラブ・バッグのハービー (そしてその続編とリメイク)、 トランスフォーマー シリーズ、およびウディアレンの アニーホール、 の表紙に登場 アビーロード。 それは多くの歌の主題であり、アメリカで車を発売したBBD印刷広告は、によって世紀の広告に選ばれました アドエイジ



しかし、車両がどこにでもある前に、カブトムシは目立つために非常に奇妙な道を歩んでいました。ドイツのファシスト独裁者アドルフヒトラーの要請により1930年代にフェルディナントポルシェによって設計されたこの建物は、手頃な価格で信頼性の高い手段として国の (人)車輪の上-それ故に名前 フォルクスワーゲン —そしてナチス政府が構築していた新しい道路システムを利用するため。戦争と業界の非ナチ化に続いて、自動車は民間用に販売され始めました。小型、軽量、経済的、構造が良く、安価で、修理が簡単で、スペースを非常に効率的に使用するビートルは、急速に再開発された戦後のヨーロッパですぐにヒットしました。

カブトムシの上に横たわっている人々

カブトムシで休んでいるウッドストックのフェスティバル参加者。

3人のライオンによる写真。ゲッティの画像提供。

カブトムシのDNAには、大量生産と大量アピールの遺伝暗号が書かれていました、とVWのクラウスビショフは言います。それはバウハウスが生活空間のためにしたことと似ていますが、バウハウスはエリートで高価なままでしたが、ビートルはマスマーケットで成功しました。車のシンプルでキュートなデザインも要因でした、とビショフは説明します: 'ビートルは強い個性、柔らかな形、思いやりのある形をしています。 [工業デザイナー]レイモンド・ローウィのような合理化されたアプローチを利用しました。それはペットのようなものです。ガレージに座っている家族のように。

懐かしさを求めて、フォルクスワーゲンは1997年に、ある種の続編であるニュービートルをリリースしました。オリジナルと似た形をしていましたが、レイアウトと効率的なパッケージングに欠けていました。前のイテレーションがそうであったような現象になることはなく、生産が段階的に廃止されました。

キャンドルホルダーからワックスを取り出す方法

これは、VWが数年以内に別のフォローアップの準備ができていることを意味しますか?このメーカーは最近、電気自動車に巨額の投資を行い、クラシックなVWバスとデューンバギーに基づいた、レトロをテーマにした新しい純粋な電気のコンセプトをすでに示しています。しかし、ブランドは、電気バグを生成しないことを公式に発表しました。

車の前に立つ4人

フォルクスワーゲンニュービートル(象徴的なVWバグの現代的な後継者。1959年版はMoMAの常設コレクションに含まれています)の終了を祝うために、VWグローバルデザインヘッドのクラウスビショフ、作家、プラットデザインをフィーチャーしたライタータマラウォーレンが司会を務めるパネルRebecca Pailes-Friedman教授と、MOMAの建築およびデザインキュレーターであるPaul Gallowayが最近博物館に集まり、車両の歴史とその永続的なデザインの遺産を調べました。

フォルクスワーゲンのスチュアートラムソン/ AP画像による写真。

最近の決定について、ビショフ氏は、1冊の本を閉じて棚に置く必要があり、新しい本を書く必要があると述べています。新しい電気バスは、将来のすべての電気自動車が内部空間で大きな時間を提供しているために機能し、バスはそのサイズに比べて小さいフットプリントを持っています。カブトムシの元の形状では、車の3分の1がフードです。モーターがないため、これは電気自動車ではもう必要ありません。したがって、これらのニーズに対する有用な答えは提供されません。